モバイルバッテリーのPSEマーク

旅行用品・グッズ
スポンサーリンク

モバイルバッテリーのPSEマーク

韓国のダイソーで買ってきたお気に入りのモバイルバッテリー

もしかしたら今後使えなくなるかもしれません。

以前から、バッテリーの事故が多発していることもあって、平成31年2月1日以降は
日本国内でPSEマークのついていないモバイルバッテリーは販売禁止になります。

詳細は経済産業省のホームページ 電気用品安全法 をご覧下さい。

このバッテリー、裏にマークがついているのですが・・・

CEマークFCCマークはついているけれどPSEマークはついていません。

CEマークは商品がすべてのEU 欧州連合加盟国の基準を満たすものにつけられる基準適合マークで、
FCCマークはアメリカで通信や電波の利用を管理するFederal Communication Commission
(連邦通信委員会の頭文字のFCC)の認証を取得した通信機器につけられるマークだそうです。

※ググって調べました

つまり、ヨーロッパとアメリカでは流通OKだけど、今後は日本では販売できないというワケ。

では、日本でPSEマークのないバッテリーは使ってはいけないのか?というと、
「自己責任」になってきそうな予感。

そして、海外から自分のものとして日本に持ち込む場合は、輸入不可になる
可能性もあるかもしれませんね。

とっても便利に使っているので、今持っているものに関しては
規制が厳しくならなかったらいいなあ・・・

日本で売ってるバッテリーが本当の適正価格だとしたら
安すぎるのでちょっとコワイけどね・・・

韓国ダイソーの記事はコチラから

スポンサーリンク
国内・海外土産通販サイトのギフトランド
VELTRA
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


検索

カテゴリ

オンラインショップ