韓国旅行に行く前にインターネット免税店でお買いもの

海外旅行
スポンサーリンク

韓国旅行に行く前にインターネット免税店でお買いもの

旅行会社が企画している韓国旅行のパッケージ旅行のほどんどでは
免税店に立ち寄りします。

最近は個人で飛行機とホテルを手配して旅行に出かける方が
増えましたが、免税店は海外旅行に行く方を対象に
利用できますので、かしこく利用したいですね。

ソウルには、ロッテ免税店、新羅免税店、東和免税店、
新世界免税店、DOOTA免税店などがあるのですが、

市内の免税店は実物を見てお買い物ができるほか、特典があったり
イベント等をしていることがあって楽しませてもらえます。

明洞にある「ロッテ免税店」の入口前にある2016年頃の「スターアベニュー」
お買い物だけでなく、パネルや芸能人の手形などで楽しませてくれます

東大門のファッションビルDOOTAの横にあるDOOTA免税店

一度も行ったことがない方は、どんな感じなのか見て欲しいですが
団体客で混雑しているときには、なかなか店員の説明も聞けず、
レジで長時間行列に並ばなければならないことも多いです。

「買うものはほとんど決まってるんだけどな~っ」という方は
インターネット免税店でのお買い物をオススメします。

インターネット免税店で渡韓前に購入しておき、
韓国旅行が終わって韓国の保税区域(空港等)で
出発前にピックアップするととても楽に買い物ができます。

私が利用しているのは「ロッテ免税店」と「新羅免税店」

ロッテインターネット免税店

新羅インターネット免税店

どちらもスマホアプリがあり、便利に利用できます。

新規登録したり、出国情報を登録したりするとポイントが
もらえてよりお得にお買い物ができます。

新規入会や日ログインでもポイントがもらえたり、
半額、30%offになるキャンペーン、
いくら以上買い物をしたらオマケをもらえる等
いろいろお得なことがありますよ♪

インターネットで商品を購入、決済をして、
韓国出国時に引き換え券を空港の免税品引取所に
持って行くと本人確認して渡してもらえます。

市内の免税店に行って買い物をしたら、韓国製以外の製品は
その場では渡してもらえず、空港渡しになります。
韓国化粧品などはその場で渡してもらえます。

免税品は日本に帰るまで開けずにそのまま持ち帰り
税関で申告をする際に聞かれたらすぐに実物と
購入時のレシート等が出せるようにしておいてください。

免税店で購入した際に免税店の袋に入って
テープで封印されていますが、これは日本の税関を通るまで
絶対にあけないで下さいね!!

税金が免除される範囲は国によって決められており、
日本の場合、ひとりあたりの免税品は、
海外市価の合計額が20万円の範囲に納まる品物
(個人的に使用するものに限る)
となっています。(2019年6月現在)

帰国時に「携帯品・別送品申告書」に記載して
提出する必要があります。

酒類は3本(760mlを1本と換算する)まで。
800mlのものを3本買うと2本は免税になり
1本は免税となりません。

たばこの免税範囲が2018年10月から変わっていて、
以前は外国製たばこ200本と日本製たばこ200本でしたが
現在は外国製日本製の区別無く400本となっています。

そのほかの詳細は、税関のホームページでご確認下さい。
海外旅行者の免税範囲

この申告書には書いてませんが、化粧品や外用薬は
1品目当り24個までが個人で輸入できる範囲となってます。
(マスクパックは120枚が限度のようです)
こちらについては別途厚生労働省のホームページ
ご確認下さい。
化粧品や外用薬は本人が個人的に使用するものとなっているので
注意してください。

出国の3時間前まで購入できるものもありますし、
旅行中も地下鉄の移動中にお買い物するなんてことも出来ます。
旅行の時間も有効に使って楽しい旅行&お買い物をして下さいね!

スポンサーリンク
国内・海外土産通販サイトのギフトランド
VELTRA
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


検索

カテゴリ

オンラインショップ