空へ、海へ、彼方へー旅するルイ・ヴィトン展 in ソウル

2017年08月

ソウル駅から地下鉄で東大門まで来ました。
この日のもうひとつの予定は私の大好きなDDPで開催されていました。

image

LOUIS VUITTON  Voles, Voguez, Voyagez
ルイ・ヴィトン 空へ、海へ、彼方へ-旅するルイ・ヴィトン展

で、あの入口だと思ってたら、違いました・・・

最初に地下鉄から地上に上がってきたときに、なにやらファッションショーをしてまして

imageimage

すごい人だかり・・・

image

この道を赤いパラソル沿いにそのまままっすぐ行けば会場だったんですが、
上のあの「V」の絵に向かって坂をあがってしまったんですねあせるあせる

間違いに気がついて引き返して入場。

image

入ったら、予約している人としてない人の列が分かれていて、
予約しておいて良かったなあ。
たぶんあまり混んでない感じだったと思うんですが、それでも2~30人
待ってたような気がします。

image

スマホで予約した画面を見せたらスムーズに入れましたぐぅ~。
入場料無料でした。
8月27日までだったので、私が行ったのは終了3日前。

image

ガイドブックは日本語ナシ。残念・・・

image

記念に英語版もらいました。

image

最初にこんな部屋があって、飛行機が動いていました。

image

これを使って動かしてるんだけど、なかなか空かない・・・
交代した隙に誰もいない写真を撮ろうかとしばらく待ってたんですが・・・
足、写っててごめんなさいです・・・

image

音声ガイドとかもあったんですが、感性のままに見ることにしました笑
写真撮ってもいいか聞いたらOKいただいたので遠慮なくいっぱい撮りましたラブラブ

image

ルイ・ヴィトンの製品を創るための木工用具

image

バッグはてなマークトランクはてなマーク
サイズが大きくて圧倒されました。
昔の人の旅行って、もって行くものがたくさんあったし大変だっただろうな。

image

お洋服をかけておけるって、機能的きらきら!!

image

もう、これはクローゼットですね。

image

帽子ケースはてなマーク
帽子にもこだわりがあったんだろうな。

image

この移動式クローゼットのようなトランクの裏は・・・

image

 

こうなってた。
かなり補強されてる感じですね。
黒と赤のラインが効いてるラブラブ

image

右側のってアイロン台かなはてなマーク
上に糸が写ってるんですが、たぶん裁縫道具を入れてる感じですね。

image

これ、すご~~い!! 何を入れてたんだろ。
たくさんの入れ物にラベルまでついてる。

image

引き出し式になってるトランクも。
持ち手も革で出来てそう。

image

こちらは普通に運べそうなサイズ。
帽子しか入ってないみたいで、贅沢な使い方だなあ。

ヨットでの旅行をテーマにした展示や

image

砂漠をバックにした展示もありました。

image

ヴィトンに囲まれて休憩タイム、なんちゃって。

image

すごい!! 砂漠でお茶会はてなマーク
トランクがイス代わりかな爆  笑

ルイ・ヴィトンの創業は1854年。
輸送手段の発展と共に時代に合わせたバッグを作ってきた歴史を感じます。
旅に出るって、その頃の人々にとっては一大行事だったのだろうな。

見ているうちに、今度は何が入ってるんだろうはてなマークはてなマークって楽しくなってきましたわくわくsei

展示はまだまだあるのですが、写真が多くなってしまったので
また次回にしますね~キラ②

海外格安航空券ena(イーナ)
VELTRA
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

検索

カテゴリ

オンラインショップ