2019 FTISLAND LIVE [II] IN SEOUL 1日目

2019年06月
スポンサーリンク

2019 FTISLAND LIVE [II] IN SEOUL 1日目

あっという間に1週間経ってしまいましたが、

先週、2019年6月29日、30日とソウルでは入隊前最後となる(はず)の
FTISLANDのコンサートがありました。

2019 FTISLAND LIVE [II] IN SEOUL

[II] と書いて、「ポーズ」と読みます。

ここで時間を停めて待っていて、という意味ですね。

 

今回の会場は、高麗大学のファジョン体育館というところで、

交通の便があまりよくなく、事前に調べると最寄り駅の6号線「安岩」駅から
行く場合は坂道を歩かないといけないということで、

隣の高麗大駅からバスで、「고려대아이스링크」「高麗大アイスリンク」
というバス停まで行くことにしました。

バス停からテクテク歩いていくと、5分くらい?会場までは結構近かったです。

去年行けなかったので、この会場に来れただけで感慨深くて、ありがたくて・・・

今回の米花輪は、会場に入ったところにありました。

初日は、私の席はJ区域の3列目でした。

スタンディングの近さに比べれば遠いですが、目の前が花道のステージだったので良席でした。

同じJ区域に、もう7年くらい??「いつか会いたい」と思いつつ、
会えなかったHさんがいらして、聞いていたお席に。

やっと、やっとお会いできました~~!!

ブルーミングライフでペンライトを買ってくださったところから知り合ったのですが、
ブログで楽しませていただき、辛いときも優しい声をかけていただいたりして、
いつも、いつか会いたいと思っていたのですが、

彼女は日本では関東圏のみの参戦、
私は関西圏のみでの参戦なので、
ソウルコンでしか会えないと思っていたけれど本当に実現して嬉しかった。

想像していた通りの素敵な方で、初めて話したのに初めてじゃないような・・・

ラストコンサートにして初めてお会いできて良かった~~!!
本当に嬉しかったです!!

お互い体調がイマイチのようですが、ボチボチいきましょうね^^

 

ちなみにJ区域は、1列目から3列目までがワンブロックで、3列目の後ろは壁になっていて、

6列目以降はその壁の後ろの方に席がある構造になっていました。

座席表ではわからなかったのですが、ここの2列目と3列目の隙間がかなり狭くて、

158センチの私が座って膝が前の席のイスに触るくらいでした・・・(写真右↓)

1列目と2列目の間隔の半分くらいしかないイメージ??(写真左↓)

自分の席にどうやっていくか悩んで、既に座ってらっしゃる3列目の方に壁ドン状態(笑)で着席。

ここまで狭い席は初めてだわ・・・

会場を良く見たらわかると思うのですが、スタンド席の後ろの方が黒いシートで覆われてました。

 

実は、もともとはこの黒いシートの部分も販売されてたのですが、
いつもより大きな会場だったためか、あまり売れ行きがよくなかったからか、
たぶん苦肉の策でバランスがよくなるように座席を変更したようです。

結構寸前に、チケット販売サイトのYES24から

「あなたの席が用意できなくなり変更しました」

というメールが届いた方がいたそうです。

どのくらいの人数かはわからないですが・・・

後ろのほうでも近くで見たかったという方が多かったと思うので、私も辛かったな・・・

 

今回のコンサート、撮影禁止だったのですが、かなりの映像、写真が出回ってるので
もうブログに書くこともないかな?と思ったのですが、自分の記録として少しだけ。

 

韓国兵役前最後のコンサートなので、今までの韓国で出した曲を
やってくれるだろうとおもっていたのですが、

日本のコンサートと同じように、春夏梅雨秋冬のコーナーがあって、
そこで「サランサランサラン」とか「バレ」とか
懐かしい歌をアレンジして歌う感じでした。

デビュー曲の「사랑앓이」恋わずらいでは、韓国特有の韓プリちゃんの
懐かしい掛け声が聞けて嬉しかった~!!

ホンギも嬉しかったはず!

 

ソナギやチドカゲなどが聞けたのも嬉しかったな。

でも全体的には私には日本のコンサートに近い選曲??という印象でした。

Flower Rock、しゃいにんおん、FREEDOM、PUPPYとか・・・

韓国語だけど、日本で最初に出た曲が多かったのは複雑な感じ。

勝手な想像だけど、すんちゃんが弾けることを第一条件に選曲したような気がする。

フラロクのときだったかな?

タオルの使い方について。

今までは、タオルをこういうふうに手に巻いて、余った部分を振り回してと
言ってたけど、タオルの真ん中を持ってぐるぐる回すといいのではないかと。

提案しておいて、「好きなようにして」って言ってました(笑)

ステージならいいけど、客席でタオル半分を振り回したら誰かに当るよ、ホンギや・・・

韓国のライブらしく、花火がたくさん使われていて、
スタンディングの人はかなり大きな音と熱風が来たのではないかな?

テープや紙ふぶきもとてもきれいでした。

今回は、ステージにも動きがあって、仕切りのようなものがステージにあり、
それが動いて舞台を作ったりしてました。

私が見ているところからは、ミナンのドラムセットがせり出してくるのが見えました。

いつも思うけれど、日本のコンサートより韓国のコンサートの方が
映像も、演出も高度な感じで、曲とともに感動を与えてくれますが、
今回は韓国コンサートの中でもかなりお金をかけてる(笑)と思いました。

韓国コンサートでは、スタンド、2階席は立ったらダメなのですが、
今回、1日目は周りがほとんど立ってたので、私も立ってました。

隣の方が東南アジア系の親子だったのですが、お母さんの方が私より
だいぶ?年上で、ほとんど耳ふさいでたのが・・・・

やはりステージに近いと音が大きいので、
音に過敏な方は正面の席とか後方が良かったですね。

出回っている映像を見ても、見てるところで音の聞こえ方が違うなあと思います。
J区域は音は大きいけれどクリアに聞こえてました。

写真撮影ももちろん禁止でしたが、なんだか取り放題みたいな雰囲気。
それでも、一生懸命注意して回っているスタッフがいました。

 

コンサートのアンコール前に、FTISLANDのコンサートは、アンコールじゃなくて、
1部、2部だから、と説明してました。

3部はもちろん、じぇじの「ありがとーーー」

韓国では「カムサハムニダ~!!!」でした。

 

2日目に続く↓

2019 FTISLAND LIVE [II] IN SEOUL 2日目

スポンサーリンク
国内・海外土産通販サイトのギフトランド
VELTRA
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


検索

カテゴリ

オンラインショップ