夏休みの母は忙しい・・・

ひとりごと
スポンサーリンク

夏休みの母は忙しい・・・

今日は韓国ネタじゃなくてすみません。

お子さんのいらっしゃる読者様、夏休み、お疲れ様です。

夏休みは都道府県によって長さが違うみたいですが、
そろそろ夏休みも終盤になってきましたね。

早く新学期が始まって欲しいなあ~と思うその気持ち、一緒です!!
私も高校一年生の男の子の母です。

京都の公立高校に通うわが子の学校は来週からはじまります。

 

ウチの子の場合、幼児の頃は毎日が体力勝負な日々でした・・・

こだわりが強くてガンとして譲らない。

一人っ子だったので、できるだけ思い通りにさせたけれど、
24時間ずっと続く子育てに、正直、毎日しんどくて、
逃げ出したいと思ったことが多かった。
(小さい頃はなかなか寝てくれなかったし)

今となっては懐かしいけれど、その時は辛くて、
誰も助けてくれなくて、
悲しいことが多かったように思います。

幼稚園に入園してからは、子供のいない時間ができて、
少し楽になったけれど、幼稚園の園長の息子さんがワンマンな方で、
耐え切れずに転園。

仕事をすることになったので、次は保育園に。
この保育園はほのぼのとした保育園で、園長さんや先生が
子供を本当に愛してくれて、ひとりひとりの個性を伸ばしてくれる園で、

「(幼稚園になかった)お昼寝タイムにどうしても寝られないから行くのが嫌だ」

と最初言っていた息子も、数ヶ月のうちにみんなと一緒に熟睡するようになりました。

「はだしっ子」と言って、園内ではずっとはだしで過ごす環境で、
健康的で子供らしく育ったと思います。

小学生になると、マイペースでボーーっとしてる(失礼・・)息子は
どうもいじめられていたらしい。

でもそれを親にいえない優しい子でした。

実は、カバンを踏みつけてゲーム機を壊されたり、
当時流行っていたカードゲームのレアカードを
取り上げられたりしていたようです。

カバンを踏みつけてゲーム機を壊したというのは、
親が入って相手の子とも話をしたのですが、相手の親子とも
「やってない」「そんな子じゃない、子供を信じる」ということで
目撃していた子のお母さんが仲裁に入ってくれて、
弁償してくれることになりました。

トレーディングカードについては親には見せなかったので
なくなっていることに気がつきませんでした。

いじめられてたことを自分で言うようになったのは
小学校4年生で引っ越してから。

引っ越す前は、引っ越すのがとても嫌だと泣いていたのですが、
転校初日に同級生を家に連れてきた(笑)くらいすぐに順応しました。

息子にとって前の学校が当たり前の世界で、
それ以上にひどい環境になるかもしれないと
辛かったそうです。

気がついてあげられなくてかわいそうなことをしたとも思いましたが、
いじめられている子は優しい子が多くて親にはいえないんじゃないかな・・・

親の方が経験もたくさんあるので相談して欲しいですよね。
ひどい状況なら、転校だってできるんですから。

クラスの2割?が中学校受験をする環境にもかかわらず
毎日走り回ったりゲームしたりして遊んで過ごしました。

「○○くんのお母さん、厳しいねん。遊んだらアカンって」

中学受験する子は遊んでられないって
その頃はわからなかったんでしょうね。

中学に入っても、小学生気分でいたら、テスト結果は悲惨・・・

2年生から少し頑張り始めましたが、なかなか追いつかず、
3年でようやく人並みの成績(笑)が取れるようになりました。

しかし、京都の公立高校は、中学3年間の成績を足した数が
内申点となるので、かなり不利な状況。

塾にも行きながら、定期テスト対策は進研ゼミのチャレンジを活用していました。

そして、無事に公立高校に合格!

今は大学に向けて勉強も頑張ってます。(もちろん遊びも・・・笑)

 

実はうちの子の場合、「こどもちゃれんじ」で、
幼児のおもちゃがつく教材からずっとお世話になっていて、

でもなかなか自分で課題に取り組めない子だったので、
時々止めたり再開したりを繰り返しました。

小学校のチャレンジタッチは、最初は面白がってましたが、
DSの誘惑に負けて途中からしなくなったし・・・

進研ゼミの場合、継続条件がなければ
ストップの電話ですぐに止められるので
気持ち的にとても楽でした。

息子の時はチャレンジタッチは半年契約が条件だったかな。
ストップする電話のタイミングによっては翌々月くらいに
ストップできたと記憶しています。

高校の教材はこんな感じです。

スマホのアプリを使って予習復習ができるのがスゴイ!

日々進化してるなあと思います。

それから、中学・高校になってから思ったのですが、
進研ゼミって長年のデータを持ってるので、
学校で配付される書類も作ってたりします。
公立高校でも進研模試を利用してますから・・・

進研ゼミの教材って、それらのデータを使って作られているので
信頼感があるなあと思います。

小学校のときはクラスの半数は進研ゼミをやってるみたいでした。

今は塾に行っていないので、学校の先生以外に教科の内容について
聞けるところがあるのはありがたいですよね。

この夏休みには、「オープンすぎるオープンキャンパス2019」
参加させていただきました。

会場が京都大学の会館で、ちょっと敷居が高いかなと思ったのですが(笑)
行ってみたらいろんな大学の先輩チューターさんのお話がきけて、
息子にもいい刺激があったようです。

来年度から始まる新テストに関する最新情報の他、
自分がなぜ今の大学を選んだのか、勉強とクラブ活動の両立は?
今の大学生活について、など、数名のチューターさんが
舞台でお話をされた後、子供(高校生)たちと親が別れて
子供は別室で、もっと話しを聞きたいチューターさんを3人選んで
1タームごとに小グループに分かれる形で話を聞いたり
質問をしたりしていました。

クラブを続けながら、塾には通わず進研ゼミだけで難関大学に合格している方が
多くてビックリでした。

勉強ができるだけでなく、親世代の年齢の人とも気さくに話ができて
感じのいい大学生ばかりだったのが印象的でした。

そんな進研ゼミさん、ブログにアフィリエイト広告を掲載する許可を申請していたら、
許可を頂きましたので、ブログ内にもリンクさせていただいています。

以前から気になっていた!という方、よかったら資料請求だけでも
してみてくださいね。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

スポンサーリンク
国内・海外土産通販サイトのギフトランド
VELTRA
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


検索

カテゴリ

オンラインショップ