ひとり旅の準備

ひとり旅の準備

ひとり旅の準備

旅行の「トラベル」は「トラブル」が語源だと言われるくらい、旅行にはトラブルがつきものです。
最近、ひとり旅をする方が増えてきて、誰もが気軽に行けるようになりましたが危険なことに遭うことも増えてきているようです。

避けられないこともあるかもしれませんが、危険意識をしっかり持って準備していれば避けられることがほとんど。
旅行に行く、と決めた日から、少しずつ準備しましょう♪

私がひとり旅に行くときに注意していることをまとめてみましたので、ご参考になさってくださいね。
慎重すぎると思われるかもしれませんが、最初はちょっと慎重な方がいいくらいですよ~

滞在中はパスポートや貴重品を分けて持つ

海外旅行に行く際に、必ず必要で、最も大切のものはパスポートです。

パスポートがなければ外国にはいけませんし、帰国もできません。
また、国によって必要な残存期間が違いますので、「ネットで航空券を買って当日空港に行ったけど、パスポートの残存期間が短すぎて旅行にいけなかった」ということもあります。旅行に行くと決めた時に必ずチェックしましょう。

滞在中は、パスポートと航空券情報のコピー、クレジットカード番号の控えをとって別のところに置けるように用意をしておくと、万が一のときも少しは安心できます。

パスポートは持ち歩かないほうが安全ですが、国によっては外国人は滞在中パスポートを携行しなければならないとされているところもあります。
また、免税店で買い物をする際にも必要です。

万が一、パスポートをなくしてしまった場合、自分を証明するものが必要になりますので、パスポートとは別に運転免許証などをホテルの金庫など安全なところに保管すると良いと思います。

また、海外ではクレジットカードは必需品です。日本人はまだまだ現金主義の方が多いですが、先払いしていないホテルに宿泊する際に、デポジット(保証金)としてカード番号を控えるところがほとんどですし、クレジットカードを持っていないということは社会的に信用がないということです。韓国では市場や卸売以外はほとんどカードが使えます。

家族や友人との連絡手段を確保する

ひとり旅行の場合、自分が今どこにいるか、誰かに把握してもらっておくと安心です。
家族や友人といつでも連絡ができるように、携帯電話の無料通話アプリやWIFIルーターなどを準備しましょう。

旅行保険をかける

海外で何かトラブルがあって、自分では解決できないとき、現地の観光案内所や警察に相談することになると思いますが、一番頼りになるのが現地の旅行会社のガイドや、日本語で相談できる旅行保険のアシスタンスセンターです。

最近はパッケージ旅行ではなく、航空券とホテルだけ自分で手配して旅行に行くスタイルが増えてきていますが、それは、安くて気楽かもしれませんが、何が起こっても自分で解決しなければならないということでもあります。

ひとりの時に体調が悪くなると不安ですよね。
日本から旅行保険をかけて行くと、日本語が通じる病院を紹介してもらったり、ホテルのスタッフと連携を取ってもらうこともあり、必要な書類等も丁寧に教えてくれます。

クレジットカードにも旅行保険がついているものがありますが、一旦自分で治療費を払って帰国後必要書類を送って返金してもらうシステムが多いので、海外で多額な治療費を払うことになりますし、自動的に保険がつくタイプは何か条件があったりするので旅行に行く前に確認してくださいね。

弊社では、治療費が無制限のプランがあるAIG海外旅行保険をオススメしています。

バスから降りるときにつまづいて骨折したり、人とぶつかって持っていた貴重品を壊してしまったり予期できないトラブルって、誰にでも起こります。

保険をかけなければ、ちょっと贅沢な食事ができる、という考え方もありますが、せっかくの楽しいはずの旅行が、つらい思い出になってしまうこともあります。日本国内でなら出発前までインターネットでも掛けられますので万全の体制でお出かけくださいね。

終電までにホテルに帰る

ソウルの地下鉄は、平日は1時台、週末は12時台が終電です。それ以降になると、人通りが少なくなり、ボッタクリタクシーなどが出てきます。

韓国の女性でも、ひとりでタクシーには乗らないという方が多いのは、中には目的地以外に連れて行かれる危険性もあるからでしょう。タクシーに乗るときは、ナンバープレート番号や運転手の顔写真を撮って家族等に写真を送り、今、タクシーに乗ったから、と運転手に聞こえるように電話をする、というのも聞いたことがあります。

観光客でにぎわう明洞では11時台で終わるお店が多くて、場所によっては全く人気がなくなり、かなりヒッソリします。
だから、私は遅くとも終電までには必ずホテルに帰ります。

もちろん、親切なタクシー運転手もいますが、ひとり旅の場合は可能な限り、地下鉄やバスを利用するようにする方が安全です。

知らない人とは必要以上に親しくならない

ひとりで歩いていると、声をかけてくる人がいます。

出会いを求めて旅する方もいらっしゃるかもしれませんが、当然、中には悪い人もいて、利用しようとする人もいます。

たとえば・・・

コンサートに行った時、会場には追っかけタクシーがいて、彼らがコンサート終了後に食事する場所を知ってるから連れて行ってあげる、といわれて、乗ったら、会場から出てきた車を信号無視して追いかけて、高額な料金を請求されたとか、

日本の友人に渡してほしいといわれ、物を預かったら、中身が問題のあるものだったり・・

後から後悔しても取り返しがつかないこともあります。

自分の意思をしっかり持って、断る勇気を持ちましょう。

危険な場所には近づかない

韓国ではデモなどで多くの人が集まるところがあります。
また、日本人がいくと危なく感じるところもあります。
日頃から情報を収集し、危険そうなところには近づかないようにしましょう。

外務省の「旅レジ」に登録して、現地の情報を取れるようにしておくと、災害や大規模なデモ情報などを知ることができます。

旅レジ(外務省のホームページに飛びます)

滞在場所を必ず手配してから現地に行く

時々、ひとりだからどこでも泊まれるだろう、という安易な考え方の方がいらっしゃいますが、現地に行く前に、ホテルを確保していきましょう。

まず、韓国の場合、入国する際に提出する入国カードに滞在場所を書くところがあります。
滞在中何かあったときに連絡が取れるように書くものなので、ここに虚偽内容を書くと当然連絡が取れませんよね。
また、ひとり旅ビギナーのうちは特に、セキュリティが高く、部屋に金庫があるホテルを選ぶようにした方が良いです。

フロントに預けるタイプだと出し入れをするたびにフロントに行く必要があり、誰かに見られて狙われる可能性もありますし、誰でも客室のあるフロアに入れるところは危険度が増す、ということは少し考えればわかると思います。
韓国は比較的安全ではありますが、日本ではありません。自分が外国人だということを意識して楽しみましょう。

 

ひとり旅は、自由で楽しいものですが、ひとりでいるから危険なこともあります。逆に、友人同士で楽しく旅行をしているとき、話をしている最中にスリにあって全く気がつかなかったということもあります。

ちょっとした心がけや意識で不安を取り除くことができますので、出発前にシュミレーションをしてみてくださいね。

 

スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
旅行シーズン到来!オプショナルツアー予約サイト「VELTRA(ベルトラ)」
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA